学院長あいさつ

いのちを育む信愛教育

「どんな宝よりも人の命は尊い」
一人ひとりの人格を尊重することはカトリック学校の使命であり、
建学の精神の中核をなすべきものです。

信じることを 愛することを

「人の悦びや苦しみが味わえる人の心は豊かです。」

信愛女学院は、春の太陽のように周囲を暖め、人のために自分を与え、よりよい社会の実現に役立つ人間を世に送り出すことを目標としております。そのためには、努力すること、力むことなく誠を積み重ねることが大切です。人の評価に惑わされることなく、共に学びながら自分の真価を正しく認めて、各自に与えられた神様からの贈りものを最大限に伸ばしていきましょう。心豊かで自由な人、それが信愛の中学生の姿です。

理事長・学院長 縄田訷子

中高等学校長 柿山節子