学校感染症による登校許可書

学校感染症による登校許可書・欠席届

学校では感染症の取り扱いについて、学校保健安全法により、お子さまの病気の悪化を防ぐためと、他の児童に感染させないために、出席停止の措置をとることになっています。出席停止の措置を行うにあたっては、医師の診断を必要とします。「医師が記入した許可書」と「欠席届」を学校に提出して頂くことになっています。学院でも配布しておりますが、ご自宅でも印刷して頂けるように、書式をダウンロードできるように致しましたので、ご利用ください。

なお、この許可書・欠席届の提出が必要となる病気は下記の通りです。

・インフルエンザ ・感染性胃腸炎 ・結核 ・水痘(水ぼうそう) ・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 
・麻疹(はしか) ・風疹(三日ばしか) ・咽頭結膜熱(プール熱) ・流行性角結膜炎 ・急性出血性結膜炎
・急性灰白髄炎 ・百日咳
※その他の感染症については、担任にお問い合わせください。 

ダウンロードはこちら(PDFファイル)です。
(PDFファイルはA4サイズで、許可証及び欠席届の2ページです。印刷してご利用下さい。)

PDFファイルを表示するには無償配布のAdobe Readerが必要になります。