大阪信愛女学院中学校

リコーダー・レッスン

今年も橋譲司先生に来校いただき、1年生全員がリコーダーのレッスンを受けました。
リコーダーの歴史について、アーティキュレーションについて、その他いろいろな奏法について教わりました
みんな先生の熱心なご指導に真剣そのものでした。途中、先生が愛用しておられる、珍しいリコーダーや石笛を使って
美しい演奏を聴かせてくださいました。橋先生の演奏を聴いていると、リコーダーの音色の素晴らしさが
体中に伝わってきました。その後、珍しいリコーダーに触らせていただいたり、吹かせていただいたり・・・
本当に楽しく、あっと言う間にレッスンの時間が過ぎてしまいました。

珍しいリコーダー 橋先生の演奏 6種類のリコーダーをつかっての素晴らしい演奏。
レッスンに真剣そのもの 先生とデュエットしました
緊張の一瞬。
リコーダーの歴史について、
お話を聞きました。
先生の素晴らしい演奏に思わず
大きな拍手。
先生と一緒に「浜辺の歌」演奏 大きなバス・リコーダーに
早く挑戦してみたい・・・です。
リコーダーは「小鳥」という
意味だそうです。
リコーダーについて真剣に
学びました。
小さな小さな珍しいリコーダーに
触らせていただきました。