トピックス詳細

  • 資料請求

第8回:東北被災地訪問ボランティア活動

2018.7.tohkub0.gif

本校では10年スパンで東北被災地で何らかの手助けを必要としている方々を支援するボランティアプログラムを計画し実行しています。今回は8回目の訪問ボランティア活動です。私たちには大きなことはできませんが、東北被災地の方々に寄り添い、苦しみを少しでも軽減することができればと思い、ささやかではありますが訪問ボランティア活動を続けています。今回は高校生8名が参加しました。訪問ボランティア活動に参加することによって、生徒たちもいろいろな体験を通して多くを学び、祈る心・奉仕する心・賛美する心を高めることが出来たと思います。


7月16日(月)1日移動
7月17日(火) 午前:長洞仮説住宅で企画イベント
午後:仮説住宅訪問、個人宅訪問
7月18日(水) 午前:地の森仮説住宅での草刈りと片付け
午後:視察(大船渡市、陸前高田市)
7月19日(木)1日移動


2018.7tohokub1.gif

はじめに、担当者からの説明を聞き、打ち合わせが行われました。

 

 

ー交流会ー


2018.7.tohokub3.gif

2日目の交流会では、大阪名物でもある「たこ焼き」を焼きました。とても人気がある「たこ焼き」を参加者皆でおいしくいただきました。その後、信愛クイズをしたり、♪ 合唱 ♪を披露するなど楽しいひと時を過ごすことができました。みなさんから大きな拍手をいただき歌うことの喜びを共有しました。交流会は一段と盛り上がり楽しいひと時となりました。

 

 

ー被災地視察ー


2018.7.tohokub5.gif

2018.7.tohokub4.gif

大船渡市、陸前高田市の視察
担当の方からいろいろな説明を聞くことが出来ました。


 

ーボランティア活動ー


2018.7.tohoku7.gif2018.7.tohokub9.gif

担当の方から、いろいろ教えていただき、よい経験ができました。

 

 

ー 一日の活動を振り返りながら、楽しい食事!ー

 

2018.7.tohokub12.gif

みんなで食事の準備をし、おいしくいただきました。
格別の味でした。

 

 

2018.tohokub10.jpg

ー最後のまとめー


ボランティア活動を終え、ともに集い、心をととのえ、みんなで感謝の祈りを
ささげ、しばらく黙想をしました。一日の振り返りをスタッフ全員で行いました。
お互いの気づきや、感想など話し合い、学びの時間となりました。今回の
ボランティア活動を通して「学ぶ心」「奉仕の心」を高めることが出来ました。

 

 

カリタス・ジャパンの皆さん、ほんとうにお世話になりました。
ありがとうございました。今回の体験を大切に、
今後に生かしていきたいと思います。 

 

 


 

東北被災地訪問ボランティア活動のあしあと

 

信愛学院は「奉仕の心」被災地へ届けよう! をモットーに10年スパンで
支援を誓い、学校をあげて取組み 実行しています。

 

 

 

★「奉仕の心」被災地へ届ける はこちら