トピックス詳細

  • 資料請求

「奉仕の心」被災地へ届ける

 

「奉仕の心」被災地へ届ける
献金とクリスマス・プレゼント

 

2011年、2012年、2013年、2014年、2015年、2016年の6年間、生徒会からの呼びかけで、被災地のカリタスジャパン・釜石ベ-スキャンプへ、信愛学院中学・高等学校全校あげての取り組みとして、これまで献金をはじめ「クリスマス・プレゼント!」を届けてきました。

10年スパンで取り組んでいる”奉仕の心 被災地へ届ける”は、今年も心をこめたものになるよう生徒会を中心にみんなで準備に力を注いでいます。(中高生徒会)

 

 

2017.9.23
文化祭:中高生徒会が募金活動


今年も、生徒会が中心になって中高文化祭で献金活動を行いました。
多くの方々が募金活動に協力してくださいました。皆さんご協力を
ありがとうございました。

 

2017bunkaseitokai30.jpg


 

心込めてみんなで準備しました 西濃運輸さん 有難うございました


被災地へ届けるクリスマス・プレゼント! 
みんなで準備中です

 


東北ボランティアを通して学んだこと   高校卒業生


  

 

教師も休憩時間を利用して
指編みマフラー作りに一生懸命です

 

中学・高校生全員がホームルームや放課後を利用して、夏の「うちわ」に続いて、「マフラー」をはじめ、「お菓子袋」、「本立て」作りに取り組んでいます。
一針ひと針に心を込て編み上げたマフラーがクラスごとにたくさん出来上がりました。
プレゼントは祈りを込めたメッセージ・カードとともに届けます。


 




中学2年生~高校3年生の取り組みとして夏、東日本大震災の被災地へ
応援メッセージを描いた「うちわ」を届けることが出来ました。
思い出の「うちわ」!

 

 

 

信愛:大船渡支援プロジェクト
~ボランティア活動~ あしあと