トピックス詳細

  • 資料請求

信愛:大船渡支援プロジェクト ~ボランティア ~

 

ofunatoshienha-to1.jpg


a_line001.gif

 

信愛学院は「奉仕の心」被災地へ届けよう! をモットーに10年スパンで
支援を誓い、学校をあげて取組み、実行しています。

 

東北被災地訪問ボランティア活動のあしあと

 

 

第7回東北被災地訪問ボランティア活動 2017年
第6回東北被災地訪問ボランティア活動 2016年
第5回東北被災地訪問ボランティア活動 2015年
第4回東北被災地訪問ボランティア活動 2014年
第3回東北被災地訪問ボランティア活動 2013年
第2回東北被災地訪問ボランティア活動 2012年
第1回東北被災地訪問ボランティア活動 2012年

 

「奉仕の心」被災地へ届ける


 

a_line001[3][1].gif

ofunato88.jpg実行委員会


大阪信愛女学院は、東日本大震災が発生した年に校長先生が震災を風化させない
よう
10年スパンで支援することを宣言されました。それを実現するために信愛では
主に
4つのことを行ってきました。

1.夏休みに岩手県大船渡へ行き、現地を知り、現地の人の思いを知ると
いうことです。
そして、それを2学期の始業式で全校生徒に伝えました。

2.文化祭では 「笑顔さかそ 花さかそ」 という募金活動を行いました。

3.10月に行われた吹奏楽部による「パル・コンサート」において募金箱
を設置し、募金活動を行いました。


4.大船渡の子どもたちのために、11月に献金協力を呼びかけました。
そして、この2~4の募金活動で集まったお金を合わせ、12月に大船渡
で行われた「サンタが町にやってきた!」というイベントに寄付しました。


皆さんにご協力していただいた募金の合計金額は、127,196円でした。
本当にたくさんのご協力をありがとうございました。


 

a_line001[3][1].gif

egao.gif

volunteer flower2.jpg

〜 募金活動 〜


《活動内容》

2011年3月11日に起きた東日本大震災の復興に協力させていただくため文化祭において、毎年募金活動を行っています。

 募金活動は、募金をしてくださった方に花鉢に花の種をまいていただき、その花鉢を持って帰っていただくか、信愛で育てさせていただくかを決めていただきます。
募金していただいたお金が現地の方々に届き、花が咲くように笑顔を届けたい。そして、私たちが現地の方々の気持ちに少しでも寄り添って大切に花を育てたいと考えました。


《募金の使い道》

集まったお金は、吹奏楽部のパルコンサート時の募金と校内の特別献金のものを合わせて、12月に大船渡で行われた「サンタが町にやって来た!」というイベントに寄付させていただきました。

 

a_line001.gif

 

 

●2016年の「花」活動報告 : 月21日(木)曇り

 

2016.4.egaosakaso1.jpg

 

”笑顔咲かそ 花咲かそ” をキャッチフレーズに、今回の文化祭において募金協力をしてくださった方々に「大輪キンセンカ」(金盞花)の種をまいていただきました。このほど信愛で育てさせていただく分の、「大輪キンセンカ」(金盞花)が学院講堂前に並べられたプランターに見事、咲きはじめました。 みなさん「大輪キンセンカ」を観賞いただき ”笑顔咲かそ 花咲かそ” 続いてご協力をよろしくお願いいたします。


 

東北ボランティアを通して学んだこと   高校卒業生



a_line001[3][1].gif

わたしたちが、学校や教会で捧げている祈り!

東日本大震災被災者のための祈り NO.Ⅱ

父である神よ、すべての人に限りない慈しみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼を込めて祈ります。東日本大震災によって今もなお苦しい
生活を送り、原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストが いつもともに
いてくださることを、わたしたちが あかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。
 
(2014年2月18日 日本カトリック司教協議会認可)


a_line001[3][1].gif